ミニ講座






                    〔焦らず 怒らず 怠らず〕

                   過去のミニ講座 平成22年1月  
 



             (「信仰雑話」より 昭和二十四年一月二十五日)

世界も、国家も、個人も、凡ゆる問題を解決する鍵は『誠』の一字である。

政治の貧困は誠が貧困だからである。物資の不足は誠が不足してゐるからである。

道義の頽廃も誠のない為である。秩序の紊乱も、誠のない所に発生する。

凡ゆる忌わしき問題は誠の不足が原因である。

宗教も学問も芸術も、中心に誠がなければそれは形骸でしかない

嗚呼、誠なるかな誠なる哉、人類よ、問題解決の鍵は、ただ誠あるのみである。



     宗教と政治    (「信仰雑話」より 昭和二十四年一月二十五日)

 政治と宗教とは大いに関係があるに拘わらず、今日迄余り関心を払われなかったのは不思議である。寧

ろ宗教が政治に関与するを好まないばかりか、反って政治から圧迫されて来たというのが終戦以前までの

実状であった。之は古往今来各方面に見らるる現象で、宗教によっては迫害の強い結果一時は法燈の将に

消えなんとした例も乏しくはなかった。然し乍ら、宗教の目的である理想世界を造り、人類の幸福を増進

せんとしても、政治が良くなくては其目的は達し得られない道理である。此意味に於て良き政治には良き

政治家が必要となって来るが良き政治家たるにはどうしても宗教心がなくてはならない。今後の時代をし

て理想社会を実現せんとするには、先づ宗教を政治に織込む事であると、私は思うのである。

 政治家の最も陥り易い欠点は、外国は知らないが日本に於ては涜職問題であろう。然るに此原因は宗教

心のない唯物的政治家だからである−−と言えよう。何としても今後は宗教的政治家の輩出こそ吾等が要

望する処のもので、それによってのみ将来の国運の進展を期待し得らるるであろう。

 私は新日本建設に当っては、何よりも政治家に宗教心を培ひ、宗教政治が行われるようにならなければ

ならないと思う。今人々は口を開けば政治の腐敗、選挙の不正、役人の涜職、人民の脱税、教育家の堕落

等を挙げるが全くその通りで、此泥沼同様の社会を浄化せんとして、為政者を始めそれぞれの当事者人民

大衆が苦慮してをり、その防犯手段として法の力のみを頼りにしてゐるが、之は全然根本を逸してゐる。

何となれば犯罪の根拠は人間の内面にある魂そのものであるからである。此魂を浄化する事こそ真に効果

ある方法で、それは正しい信仰以外他にない事を私は信ずるのである。



     正しき信仰    (「信仰雑話」より 昭和二十四年一月二十五日)

 支那の碩学朱子の言に「疑は信の初めなり」という事があるが、之は全く至言である。私は「信仰は出

来るだけ疑へ」と常に言うのである。世間種々の信仰があるが、大抵はインチキ性の多分にあるものか、

そうでない迄も下の位の神仏や狐、狸、天狗、龍神等を的(マト)としたものが多く正しい神を的とする信

仰は洵に少ないのである。従而厳密に検討を加える時、大抵の宗教は何等かの欠点を包含してゐるもので

あるから、入信の場合何よりも先づ大いに疑ってみる事である。決して先入観念に捉われてはならない。

何程疑って疑(ウタグ)り抜いても欠点を見出だせない信仰であれば、それこそ信ずる外はないであろう。然

るに世の中には最初から「信ずれば御利益がある」といふ宗教があるが、之は大いに誤ってゐる。何とな

れば些かの御利益も認めない中から信ずるといふ事は、己を偽わらなければならない。故に最初はただ触

れてみる。研究してみるといふ程度で注意深く観察し、出来るだけ疑うのである。そうして教義も信仰理

論も合理的で非の打所がないばかりか、神仏の御加護は歴然として日々奇蹟がある程のものであれば先づ

立派な宗教として入信すべき価値がある。又斯ういう宗教もある。それは信者が他の宗教に触れる事を極

端に嫌うのであるが、之等も誤ってゐる。何となればそれはその宗教に欠点があるか、又は力が薄弱であ

る事を物語ってゐる。最高の宗教であればそれ以上のものは他に無い筈であるから、他の宗教に触れる事

を恐れる処か反って喜ぶべきで、其結果自己の信ずる宗教の優越性を認識し、却って信仰は強まる事にな

るからである。

 然し斯ういう事も注意しなくてはならない。それは相当の御利益や奇蹟の顕はれる場合である。正しい

神仏でも人間と同様上中下あり、力の差別がある。二流以下の神仏でも相当の力を発揮し給うから御利益

や奇蹟も或程度顕われるので、大抵の人は有難い神仏と思い込んでしまう。処が長い間には二流以下の神

仏では往々邪神に負ける事があるから、種々の禍いとなって表われ苦境に陥る場合があるが、一度信じた

以上何等かの理屈を附け、神仏の力の不足など発見出来ないばかりか、反って神仏の御試し又は罪穢の払

拭と解するのである。

 信仰者にして病気災難等の禍いがあり一時は苦しむが、それが済んだ後はその禍い以前よりも良い状態

になるのが、上位の神仏の證拠である。即ち病気災難が済んだ後は、罪穢がそれだけ軽減する結果霊的に

向上したからである。それに引換へ禍いが非常に深刻であったり長期間であったり、絶望状態に陥ったり

するのは、その神仏の力が不足の為邪神に敗北したからである。

 世間よく凡ゆる犠牲を払ひ、熱烈なる信仰を捧げて祈願するに関わらず思うような御利益のないのは、

その人の願事が神仏の力に余るからで、神仏の方が御利益を与えたくも与えられ得ないという訳である。

此様な場合、これ程一生懸命に御願いしても御聞届けがないのは、自分は最早神仏に見放されたのではな

いかと悲観し、此世に神も仏もあるものかと思い信仰を捨てたり自暴自棄に陥ったりして益々悲運に陥る

という例はよく見る処である。斯ういう信仰に限って断食をしたり、お百度詣りをしたり茶断ち塩断ちな

どをするが、之は甚だ間違ってゐる。個人的にどんな難行苦行を行ったとしても、それが社会人類に些か

の裨益する所がなければ徒労に過ぎない訳で、斯ういう方法を喜ぶ神仏があるとすれば勿論二流以下の神

仏か又は狐狸天狗の類である。故に正しい神仏であれば、人間が社会人類の福祉を増進すべき事に努力

し、その効果を奏げ得た場合、その功績に対する褒賞として御利益を下し給うのである。序でに注意する

が昔からよく「鰯の頭も信心から」と謂う事があるが、之は大変な間違いであって、すべて信仰の的は最

高級の神仏でなければならない。何となれば高級の神仏ほど正しき目的の祈願でなくては御利益を与えて

下さらないと共に、人間が仰ぎ拝む事によって清浄なる霊光を受けるから、漸次罪穢は払拭されるのであ

る。鰯の頭や低級なる的に向って如何に仰ぎ拝むとも、低級霊から受けるものは邪気に過ぎないから、心

は汚れ自然不善を行う人間になり易いのである。それ等を知らない世間一般の人は、神仏でさえあれば皆

一様に有難いもの、願事は叶えて下さるものと思うが、それも無理はない。尤も昔から神仏の高下正邪等

見分け得るやうな教育は何人も受けてゐないからである。そうして狐、狸、天狗、龍神等にも階級があ

り、力の強弱もあり、正邪もあるが、頭目になると驚くべき力を発揮し大きな御利益を呉れる事もある

ら信者も熱心な信仰を続けるが、多くは一時的御利益で、遂には御利益と禍いとが交互に来るというよう

な事になり、永遠の栄は得られないのである。以上説く処によって、信仰の場合一時的御利益に眩惑する

事なく、其識別に誤りなきよう苦言を呈するのである。



     常 識    (「信仰雑話」より 昭和二十四年一月二十五日)

 抑々、真の信仰とは言語行動が常識に外れない事を主眼としなければならない。世間よくある神憑式

や、奇怪な言説、奇矯なる行動等を標榜する信仰は先づ警戒を要すべきである。処が多くの人はそういう

信仰を反って有難く思う傾向があるが、之等は霊的知識の無い為で無理もないが、心すべきである。又

己の団体以外の人々と親しめないというような独善的信仰も不可である。真の信仰とは世界人類を救うの

が宗教の使命と信じ、自己の集団のみにこだわらず、排他的行動をとらないようにするのが本当である。

恰度一国の利益のみを考へ他国の利益を無視する結果、惨澹たる敗戦の苦杯を甞める事になった終戦前の

日本を鑑みれば判るであろう。

 私は信仰の究極の目的は、完全なる人間を作る事であるとも思う。勿論世の中に完全という事は望

み得べくもないが、少くとも完全に一歩々々近づかんとする修養−−之が正しい信仰的態度である。故に

信仰に徹すれば徹する程平々凡々たる普通人の如くに見えなくてはならない。そうなるのは信仰を咀嚼

し、消化して了ったからである。その人の言動が如何にも常識的であり、万人に好感を与え何を信仰し

てゐるか判らない位にならなければ本当ではない。人に接するや軟かき春風に吹かれる如くで、謙譲に富

み親切であり、他人の幸福と社会福祉の増進を冀(ネガ)うようでなくてはならない。私は常に言う事であ

るが、先づ自己が幸福者たらんとするには他人を幸福にする事で、それによって与えらるる神

の賜が真の幸福である。然るに自己のみの幸福を欲し他人を犠牲にするというが如きは全く逆効果以外の

何物でもない事を知るべきである。



     信仰の醍醐味    (「信仰雑話」より 昭和二十四年一月二十五日)

 私は信仰の味に就て世人に告げたいのである。天下何物にも味のないものはない。物質にも、人間に

も、生活にも、味の無い物は殆んどあるまい。人生から此味を除いたら、文字通り無味乾燥全く生の意欲

は無くなるであろう。従而人間が生に対する執着の根本は、味による楽しみの為である−−といっても過

言ではあるまい。信仰にも味のある信仰と味の無い信仰とがあるのは当然である。処が世の中は不思議な

もので、恐怖信仰といふのがある。それは神仏を畏怖し、戒律に縛られ、窮屈極まる日を送り、自由など

は全く無く、常に戦々兢々たる有様で、斯ういふ状態を私は信仰地獄というのである。

 本来信仰の理想とする処常に安心の境地に在り生活を楽しみ歓喜に浸るというのでなければ

ならない。花鳥風月も、百鳥の声も、山水の美も、悉(ミナ)神が自分を慰めて下さるものであるように思わ

れ、衣食住も深き恵みと感謝され、人間は固より鳥獣虫魚草木の末に到るまで親しみを感ずるようにな

る。之が法悦の境地であって何事も人事を尽して後は神仏に御任せするといふ心境にならなければならな

いのである。

 私は常に、どうしても判断がつかぬ難問題に逢着した時、観音様に御任せするといふ事にして、後は時

を待つのである。処が想ったよりも良い結果を得らるる事は幾多の体験によって明かである。殆んど心配

したやうな結果になった事は一度も無いといっても可い。又種々の希望を描くが、その希望よりも必ず以

上の結果になるから面白い。斯ういう事もある。何か悪い事があるとそれを一時は心配するが、きっと良

い事の前提に違いないと思い、神様に御委せしてゐると、必ず良い事の為の悪い事であった事が判り、心

配したのが馬鹿らしくなる事さえ往々あるので、実に感謝に堪えない事がある。要するに私は奇蹟の生活

者と思ってゐる。私が言う信仰の醍醐味とは即ち此様な次第である。



     観音教団とは何乎    (「信仰雑話」より 昭和二十四年一月二十五日)

 本教団は地上天国出現を目的とし、物質文化の進歩と相俟って宗教文化を創成普及せんとする

ものである。

 地上天国とは病貧争絶無の世界、全く人類理想の世界を言うにある事は、前項に詳説した通りである。

彼の釈尊が唱えた五六七の世も、キリストが予言せし「天国は近づけり」という事も、日蓮の叫ばれた義

農の世も、天理教の理想とせる「一列揃って甘露台の世」も、吾等の曰ふ「地上天国」と同様の意味であ

る。但だ異る処は『時』の問題であるが、右の諸宗祖は『時』を知らせなかった。然るに其時期が非常に

近づきつつある事を、私は覚り得たのである。時が近づきつつあるという事は何を意味するか、それは釈

尊の唱えた仏滅であり、法滅尽であり、キリストの世の終り、又は最後の審判の時が切迫した事を想わせ

のである。此儘にして地上天国が来るとすれば、人類は洵に幸福であるが、新しき理想世界が建設され

るというに就ては、其前に旧世界の清算がなくてはならない訳である。恰度新しき家を建てんとするには

旧き家を破壊し、土地を清浄化されなくてはならない。勿論旧き家にも役立つものは相当あろうから、そ

れは残さるるであろう。その取捨選択は神がなし給う事は勿論である。故に人間は残されるもの、即ち

世界に役立つ者とならなければならない。それによって大いなる切替時を易く越えらるる事で所謂神の試

験にパスするのである。その唯一の方法としての信仰である事を次に説明してみよう。

 以上説く如く世界の大転換期を乗越す資格とは、病貧争絶無の世界に生存なし得る人間であって文

字通り病気のない健康人貧苦から脱出した人間和を好み争を嫌う人間である。此三大資格を有する人

間であれば神は滅し給う必要がないばかりか、来るべき新世界の有能人として遇される訳で、神の意図と

人間の理想との食違いはない事を私は信ずるのである。然らば右の三大資格を得んとする方法ありや、本

教団は右の資格者たらしむべく教導し、神の恩恵を取次がんとするものである。



     下座の行    (「信仰雑話」より 昭和二十四年一月二十五日)

 下座の行という詞(コトバ)は昔からあるが、之は人間処世上案外重要事である。しかも信仰者に於て殊に

然りである。信仰団体などに、教義を宣伝する先生に、どうも下座の行が足りないように見える事が屡々

ある。昔からの諺に「能ある鷹は爪隠す」とか、「稔る程頭を下げる稲穂かな」などという句があるが、

何れも下座の行をいうたものである。

 威張りたがる、偉く見せたがる、物識ぶりたがる、自慢したがるというように、たがる事は反って逆効

果を来すものである。少し許り人から何とかいわれるようになると振りたがるのは人間の弱点であって、

今迄世間一般の業務に従事し、一般人と同様な生活をしてゐた者や、社会の下積みになってゐた者が、急

に先生といわれるようになると「俺はそんなに偉く見えるのか」というように、最初は嬉しく有難く思っ

てゐたのが、段々日を経るに従い、より偉く見られたいという欲望が、大抵の人は起るものである。それ

迄は良かったが、それからがどうも面白くない。人に不快を与えるようになるが、御本人はなかなか気が

付かないものである。

 神様は慢心を非常に嫌うようである。謙譲の徳といゝ、下座の行という事は実に貴いもので、文化

生活に於て殊にそうである。多人数集合の場所や、汽車電車等に乗る場合人を押し除けたり良い座席

に傲然と座したがる行動は、一種の独占心理であって面白くない。

 円滑に気持よい社会を作る事こそ民主的思想の表われであって、此事は昔も今も些かも変りはないので

ある。



     我と執着    (「信仰雑話」より 昭和二十四年一月二十五日)

 凡そ世の中の人を観る時、誰しも持ってゐる性格に我と執着心があるが、之は兄弟のようなものであ

る。凡ゆる紛糾せる問題を観察する場合、容易に解決しないのは、此我と執着に因らぬものは殆んどない

事を発見する。例えば政治家が地位に執着する為、最も好い時期に挂冠すべき処を、時を過して野垂死を

するような事があるが、之も我と執着の為である。又実業家等が金銭に執着し、利益に執着する為、反っ

て取引先の嫌忌を買い、取引の円滑を欠き、一時は利益の様でも、長い間には不利益となる事が往々あ

る。又男女関係に於ても、執着する方が嫌われるものであり、問題を起すのも、我執が強過ぎるからの事

はよくある例である。其他我の為に人を苦しめ、自己も苦しむ事や、争いの原因等、誰しも既往を省みれ

ば肯く筈である。

 以上の意味に於て、信仰の主要目的は執着心を除る事である。私は此事を知ってから、出

来るだけ我執を捨てるべく心掛けてをり、其結果として第一自分の心の苦しみが緩和され、何事も結果が

良い。或教に「取越苦労と過越苦労をするな」という事があるが、良い言葉である。

 そうして霊界に於る修業の最大目標は執着を除る事で、執着の除れるに従い地位が向上する

になってゐる。それに就て斯ういう事がある。霊界に於ては夫婦同棲する事は普通は殆んどないのであ

る。それは夫と妻との霊的地位が異ってゐるからで、夫婦同棲は天国か極楽人とならなければ許されな

。然し乍ら或程度修業の出来た者は許されるが、それも一時の間である。その場合、その界の監督神に

願って許されるのであるが、許されて夫婦相逢うや、懐しさの余り相擁するような事は決して許されな

い。些かの邪念を起すや、身体が硬直し、自由にならなくなる。その位執着がいけないのである。故に霊

界の修業によって全く執着心が除去されるに従って地位は向上し、向上されるに従って夫婦の邂逅も容易

になるので、現界と如何に異うかが想像されるであろう。そうして曩に述べた如く、執着の権化は蛇霊と

なるのであるから怖るべきである。人霊は蛇霊となる際は、足部から漸次上方へ向って、相当の年月を経

て蛇霊化するもので、私は以前首が人間で身体が蛇といふ患者を取扱った事があるが、之は半蛇霊となっ

たのものである。

 従而信仰を勧める上に於ても、執念深く説得する事は熱心のようではあるが、結果はよくない。之は信

仰の押売となり、神仏を冒涜する事となるからである。凡て信仰を勧める場合、ちょっと話して相手が乗

気になるようなれば話を続けるもよいが、先方にその気のない場合は、話を続けるのを差控え、機の到る

を待つべきである。



     人間の賢愚    (「信仰雑話」より 昭和二十四年二月五日)

 人間生れながらにして腎愚があるのは如何なる訳であろうか。之に就て解説してみよう。それに就て前

以て知らなければならない事は、人間は一度は必ず死ぬが、死とは何ぞやという事であるが、死とは実に

老癈したり、大負傷したり、病気の為衰弱したりして、その肉体が使用に堪えなくなった為に、霊魂はそ

の肉体を捨てゝそうして霊界へ往き、数年、数十年、数百年に渉って浄化作用が行われる。それは現界に

於ける生存中に、如何なる者と雖も相当の罪穢を犯し、それが溜ってゐるので、恰度長く清掃をしない家

や衣服と同様であって、浄化された霊から再生する訳は前項に述べた通りであり、勿論人間の霊には再生

が多いが、新生の霊もある。この新生の霊は霊界に於ける生殖作用によるので、これは現界の生殖作用と

異なり神秘極まるようである。斯の如く再生の霊新生の霊とがあり、新生の霊は人間としての経験が乏

しい為、どうしても幼稚であるに対し、再生霊に到っては、人間としての経験を積んでゐる為賢い訳であ

るから、再生の度数の多いほど賢く偉大なる人物は最も古い霊魂という訳である。

 次に転生というのがある。之は仏教に輪廻転生という言葉があるが、此事である。之は人間が生存中

に犯した罪が重い場合、畜生に生れる。即ち狐、狸、猫、犬、蛇、蛙、鳥等が重なるもので、多くの種類

がある。何故畜生道へ堕ちるかというと、生前の想念と行が人間以下に堕落し、畜生同様になったから

ある。斯ういう事をいうと、現代人は兎角信じ難いであろうが、私は二十数年に渉り、無数の経験によっ

て動かすべからざる断定を得たのである。

 その中で二三の実例を書いてみよう。

・ 某家に長年飼われてゐる可成大きな犬があった。家人曰く「此犬は不思議な犬で、座敷に居て決して

地面へ降りようとしない、使用人が呼んでも行かない。凡て家族の者でなくては言う事を聞かないばかり

か、絹布の座蒲団でなくては座らないし、座敷も一番良いのを好み、食事も贅沢好みで、人間と同じでな

くては気に入らないのです。之はどういう訳でせう」と質くので、私は−−『此犬はあなたの家の 祖先

が畜生道へ堕ち、犬に生れたのです。従而貴女方を自分より下に見てをり、自分は家長の気持で居るので

す』と答えたので納得がいった。

ヲ 六十歳位の老婆、狐霊が二三十匹憑依し、それが豆粒大の大きさで身体中に居り、特に腋下に多く居

た。私はその豆粒へ指の先から霊射をすると非常に苦しむ。其際老婆の口から「痛い、いたい苦しい、助

けてくれ。今出る、出るから堪忍してくれ」というような事を喚くと共に豆粒は順々に消え去るが、数時

間経つと復集ってくる。之は如何なる訳かというと、その老婆は前生に於て女郎屋の主人であって、其時

傭った多くの女郎が畜生道に堕ち、狐霊となって、復讐せんと老婆を苦しめてゐるのである。或時は"老

婆の生命を奪る"と狐霊が囁き、心臓部の下を非常に痛めたり、或時は食事半ばにして食道を締めつけ、

飯を通らなくしたり、或時は一日位尿を止める等、種々の悪戯をするが、其都度私は霊射し治癒させたの

である。

ァ 以前私は、宗教が当局から圧迫された時代、やむを得ず民間治療を行った事があった。其際衣服を脱

がせて患部を治療したのである。其頃腰部から腹へかけて蛇の鱗の如き斑点があり、赤色或は薄黒色の人

を度々見た事がある。之は蛇が人間に転 生したので、その鱗の形が残存してゐる訳である。

 又色盲という病気は動物霊の転生であって、その動物の特異質が残存してゐる為である。凡て動物の眼

は物体が単色に見えるもので、恰度動物の音声が一種又は二種位の単音である事と同一である。

 其他多数の実例があるけれど略すが、凡て転生の場合、残存せる動物霊の性能が多分にあるものであ

る。そうして動物に人語を解するのと解せないのとがあるが、人語を解せないのは純粋の動物である。

や蛇を殺したりすると祟るというが、之は人間が転落し再生した動物であるからで、そうでないのは祟る

ような事はない。よく田舎などで青大将が旧くからゐるが、之は祖先が蛇となってその家を守護してゐる

ので、斯ういう蛇を殺すと必ず祟って次々に死人が出来たり、甚だしきは家が断絶する事さえある。それ

は折角守護してゐた祖霊を殺した為、非常に立腹するからである。そうして人間性の中執着が蛇霊とな

り、偽りを好み人を騙したりする結果は狐霊となるのである。一旦畜生道へ堕ちて転生しても、その一代

はあまり幸福ではない。特に女性の独身者の多くはそれである。

 今一つ面白い事がある。旅行の時など特に親しみのある場所があるが、それは前生に於てその附近に居

住又は滞在した事のある為である。又他人であって親子兄弟よりも親しめる人がある。それ等も前世に於

て親子、兄弟、主従、親友等であったからで、因縁とは此事を指して言ったものである。それと反対に

うしても親しめなかったり、不快を感ずる人は、前世に於て仲が悪かったり苦しめられたりした為であ

る。又古の偉人英雄や武将等で、特に崇拝する人物があるが、之等も前世に於て自分が臣下や部下であっ

た為である。又熱烈な恋愛に陥る男女の場合、之は前生に於て、相愛しながら恋愛が成立しなかった男女

が偶々今生に於て相知り、其時の執着が強く霊魂に沁み付いてゐる為で、目的を達した喜びの余り夢中と

なるのであるが、之等は当人自身でも不可解と想う程情熱が燃え上るものである。又男女共独身を通す者

があるが、之は前生に於て男女関係が原因で、刑罰や災害等により生命を奪われる際、悔恨の情に禁(タ)

えず、男女関係に恐怖を抱いた為に外ならないのである。

 其他水を恐れたり、高所を怖れたり、人混みを恐れたり、又は或種の獣類、虫類等を怖れたりする人

は、右の原因による死の為である。(中略)



inserted by FC2 system