ミニ講座






                    〔焦らず 怒らず 怠らず〕


             過去のミニ講座 平成22年8月     








     宗教プラグマチズム

                (栄百六号  昭和二十六年五月三十日)
 
アメリカの有名な哲学者パースが、最初唱え出したプラグマチズム は、ウィリアム・ジェームスに至って世界的哲学思想となったので、 今日はジェームスが本家のようになって了ったという事である、此プ ラグマチズムの言葉を訳すと、実利主義とか、実行主義とかいうのだそうだが、私は行為主義と言った方が、どうもピッタリするように思う、之は哲学に関心を持つ程の人は、誰もが知っているから多くをいう必要はないが、今私が言いたいのは、宗教プラグマチズムである、之は以前も一度かいた事があるが、今一度徹底したいと思うので、再びかくのである。



単に、宗教行為主義というと、既成宗教の何れもは実行しているように見えるが、成程文書による宣伝や、言葉の説教、祷り、宗教的行事、禁欲、難行苦行といったような事は、誰も知っているが肝腎な実生活に迄及んでいないのが遺憾である、だから忌憚なく言えば、実生活と離れた一種の精神的修養でしかないと言えよう、処が哲学プラグマチズムは、実生活に哲学を採り入れ、役立つものにしようとするもので此点実にアメリカ式である、それと同様私は宗教を実生活に取入れるというよりも、宗教と実生活と密接不離な関係に迄、溶け込ませようとするのである、だから今迄の既成信仰者のように、独善的、孤立的、観念的ではなく、超世間的な点を最も嫌い、飽迄一般人と同様であるのは勿論、極力信仰の臭味を無くするようにし、万事常識的で信仰があるのかないのか人の目には映らない位にする処迄、信仰が身に着いて了わなければならないと思う、つまり応身の働きである。宗教行為主義とは、以上によって略々納得されたであろう。

 




     奇蹟の解剖

               (栄百七号  昭和二十六年六月六日)
奇蹟とは一言にしていえば、あり得べからざる事実がある場合をいうのであるが、実は有り得べからざる処に有るという事は、本当はないのである、だからあると思うのは、それは誤解以外の何物でもない、というと何だかややこしい話だが、其理由を左にかいてみよう。
 
右は、有り得べからざる事と、決めて了っている其既成観念が、既に錯覚なのである、何となれば、其観念こそは表面に現われた、即ち現象そのものだけを観て、決めて了うからである、勿論、現在迄の物の考え方は、唯物的社会通念を通して見るのであるから、偶々、変った事があると、不思議に思えるのである、即ちあるべき筈がないのに、まざまざと見る事実である、例えば高い崖から落ちた子供が何ともないとか、自転車へ自動車が衝突しても、怪我もなければ、時には車が少しも破損しない事さえある、汽車へ乗り遅れたので、次の汽車へ乗ると、前の汽車が脱線顛覆したり、衝突したりして難を免れる。入りかけた泥棒が浄霊で逃げて了ったり、盗まれた物が間もなく戻ったり隣家迄焼けて来た火事が浄霊するや忽ち風向が変って助かるというように大なり小なり特別奇蹟の多い事は本教信者の常に体験する処である。



右の如き、種々な奇蹟は、一体どういう訳で起るのであろうか、何処に原因が潜んでいるのであろうか、という事は誰もが、大いに知りたいと思うであろうから、茲に書いてみるが、言う迄もなく奇蹟の元は、実は霊界にあるのである、然し奇蹟にも自力と他力があるから、先ず自力の方からかいてみるが、私が常にいう如く、人間には霊衣と言って霊の衣がある、それは普通人には見えないが、身体の形の通り、白色の霧のようなものに蔽われている、勿論厚い薄いがあるが、之は魂の清濁によるので、魂の清い程厚いのである、普通人は先ず一、二寸位だが、有徳の人は二、三尺、神人となると無限大である。それに引換え濁った身魂は、霊衣が薄く貧弱である。



そうして災難を免れる場合、例えば自動車が人間の衝突しようとする刹那、自動車にも霊があるから、人間の霊衣が厚いと、突当る事が出来ないで、横へ外れて了うので助かる、高い所から落ちた場合、霊衣が厚いと地や石の霊に打つかってもフンワリ軽く当るから、怪我をしないし、又家にも霊があるから、其家の主人が有徳者であると、家の霊衣が厚いから、火事の時など火の霊はそれに遮ぎられて、燃え移らないのである、熱海大火の際、本教仮本部が不思議に焼けなかったのも其意味である、併し稀には焼ける場合もない事もないが、それは焼ける必要があるからで、之は神様の経綸の為だが滅多にはない、次に他力の場合をかいてみよう。



抑々人間には本、正、副の三つの守護神がある、此関係は以前かいた事があるから略すが、右の中の正守護神とは、祖霊の中から選ばれた霊で、危急の場合助けたり、重要な事は夢で知らせたり、又特殊の使命を有つ者は神様(大抵は産土神)がお助けになる事もある。例えば汽車が衝突しようとする場合、神様はどんな遠くでもよく知られるから、一瞬にして汽車の霊を止めて了う、其場合何百、何千里でも、一秒の何十分の一の速さで其場所へ到着し救われるのである。



以上によってみても、奇蹟なるものは、決して偶然やマグレ当りではなく、立派に理由があるのであるから、それが判ったなら、奇蹟は不思議でも何でもない事になる、だから私などは奇蹟があるのが普通で、奇蹟がないと不思議に思う位である、此例として偶々難問題に打つかって、解決がグズグズしていると、もう奇蹟がありそうなものだと待っていると、間もなく奇蹟が出て解決する事がよくある、之は信仰が深く、徳を積んだ人はそういう体験は数ある事と思う、従而、人間は善を思い、善を行い、徳を積み、霊衣を厚くするよう心掛けていれば、不時災難など決してないのである、又霊衣の厚い人程接すると何となく温味を感じ、慕わしい気持が起る、よく人を惹きつけると言うのはそういう人である、だから斯ういう人には自然多くの人が集ってくるもので、仕事も旨くゆき、発展するようになるのである、今一つの例を挙げてみるが、以前から私が行き始めると、其家は必ず繁昌する、又私に接近する人は、必ず発展し幸福になる、之は私の霊衣の幾分でも貰うからである。

 




     毒結五十年 

               (栄百七号  昭和二十六年六月六日)
私は十八歳の時肋膜炎を患ったが、其時は、横腹を穿孔して、二百瓦程水を除った、処が其際の消毒薬と、そうして一旦治ってから、一年後再発した時の服薬と都合二回の薬毒が、恰度背中の腋の下の間位の処に固まっていたのを近頃発見したので、溶して了おうと思い自分で浄霊をした処、初めは随分固かったが少し宛溶けて段々軟かくなり溶ける度毎に必ず下痢する、大して痛みはないが判で捺したように正確なのだから面白い、之によってみても毒結なるものは何年経っても消えない事が分る、私は今年満六十八歳だから、恰度五十年間出ずに固まっていた訳である、だから浄霊を知らなかったとしたら、将に一生涯帰らないお客様という訳なのだ。


右の如く、毒結が溶けて下痢になって出る程気分がよくなる、今迄長い間気が付かなかったが、普通の気持と思っていた、それは、今度気が付いてみると、思いもよらない爽快感が湧いたという事で実に嬉しい、先ず之で二、三十年は寿命が延びるような気がする、オマケに頭も非常に具合がよくなり、原稿も今迄よりよく書けるようになった。



之によってみても、薬毒なるものは、浄霊を知らないと一生涯消えないという事が判るのである、それから下痢の原因の個所は私が常にいう如く、殆んど頭と背中である、それで其部の毒結が溶けて、一旦腹に集まり下痢する場合と、飲食物の中毒による場合と両方がある、特に頭の浄化による場合は血液が多く出る、其際肛門から出るのを痔出血と言い、それが腹の方へ一旦滞溜してから出るのが赤痢である、それで其毒血を早く出るよう自然の役目をするのが赤痢菌であるから、赤痢に罹った場合放っておけば順調に毒血が出て治るのである、処がそれを知らない医学は、彼の手此手で出さないようにする為悪化するのだから、此理を医学が知ったとしたら人間は如何に助かるだろうかと思うと、私は残念で堪らないのである。






   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


   奉仕隊に対する御導きより(一)

               『栄光』262号、昭和29(1954)年6月23日
 奉仕隊における、木原理事長を招いての定例(毎月)の座談会は、去る五月三十日(午後七時)箱根奉仕隊に対する第二回目として、箱根事務所にて行われ、一日の御奉仕をおわった奉仕隊員四十数名が参集、約二時間にわたる有意義なる時間を送ったのであります。

 左にその一部をお知らせ致します。

 なお、都合により質問を省きました事を御了承下さい。
                       (木原記者)
 
  ○布教師としての想念、行動

 一口に言えば、想念の根本は世界人類におかなければいけないという事です。没我の心境でなければ(記者註、質問中にこの言葉あり)…と言ってますが、これは仏教等で言う言葉の一つでしょうが、今まで言う没我というのは私はきらいなのです。なぜなら、救世教は戒律的な事――何々すべからず、という事はないのです。まず自分というものを主にしないで、人の良かれ、相手を主にしてゆくのですから、結局は没我という事になるのでしょうが、これが本当の没我かも知れません。今まで言う没我というのが少し違っているのではないですか。今までですと、人も我も忘れて、無念無想で…というように思っているのです。しかし「我」もなければいけないのです。ここが難かしいので、「我」がなければいけないし、あってはいけないし、「我」があって、その「我」を出さないという事です。ですから全然「我」がないという事はいけないのです。つまり良い「我」はあってよいのですが、悪い「我」はあってはいけないのです。


 そこで、我々が信仰をする目的というものを考えてみると、それは、明主様が世界人類を御救い下さる、その事のお手伝いをさせて戴く、ということです。この事から外れた物事の考え方というものはいけないわけです。これを気持のドン底に入れておく事です。この事をを忘れずにいるなら、何事にも御守護を戴けて行けるはずです。ところが実に忘れ勝ちになるものなのです。何かあった場合に聞いてみると、やっぱり世界人類という事を忘れているのです。



 それから、もう一つは、明主様の御手伝いをさせて戴くことが我々の命だ、という事…私は、それ自体が命だと言った方がよいと思うのです。そのためにみんな新しい命を戴いているのです。その新しく戴いた命というものは、要するに、神様の思召に添う有り方になる命でなければならないのです。これが一番大事なことではないかと思います。資格者となって人を導くにはどういう気持が必要か、という事ですが、これについては御教えの中に信仰は信用なりというのがあります。"人間は米のメシ人間になれ"という事を御教えになっておられます。そうして常に"あなたと付合っていると損をしない、必ず得をする""あなたと会っていると、何か気持がよい""嘘をつかない""あなたは、自分の利益を後にして必ず人の利益を先にする"というようになってゆけば、人は慕って来なければならないはずです。そんな人は嫌いだと言う人はないはずです。



 要するにあなた自身が接してみて、こうあって欲しいと思ったら、それを相手にしてやる。いけないと思った事は人にもしない、というようにする事です。これはいままでの宗教家もよく言った事です。又格言にも"己の欲せざる処人に施す事なかれ"というのがあります。これを忘れずにいるだけでなくて、実行しなければならないのです。



 それから、何かの事で人様にお話する時、理屈でやっつけないようにしなければならないのです。やっつけられた者は、その時はどうもすみませんと言うが、やはりいやがるのです。そうすると、自然に人が寄らなくなります。



 つまり大乗的に行く事です。教導師というのは、人が来なければどうにもならないのです。一人で説教…という訳にはゆきません。ところが、何でもよいから人が来なければいけないと嘘を言ってはいけないのです。"信仰は信用なり"の御教えの実行者であれば、これは自然に寄って来る様になるものです。別に難かしい問題ではないのです。信用というものは、嘘をつくと一度に落ちてしまうものです。



 ここで嘘についてですが嘘をつきつけると、嘘を言わないと気持が悪いと思える位な人がありますが、しかし嘘というものは、ちょっとした事でもいやなものです。つまりミロクの世というのは、嘘がなくなった世界と言ってよいです。嘘を言ったら既に天国に住む資格はなくなります。嘘の世の中という事は、仮の世の中、夜の世界という事です。夜の世界なら真暗だから、舌を出しても分らない――嘘をついても分らないのです。しかし昼間になると、すべてが見えるのですから、そうはゆきません。だから教導師たる者は一日も早く嘘を無くする事です。






  ○御神書の拝読について


 私はいつもこういうようにして戴くのです。それは自分の心に言って聞かせるようなつもりで拝読するのです。その場合、文句を覚えようという事は少しも考えません。それに関連しまして、明主様の御言葉を戴く時、私にではなく隣の人におっしゃられた事でも、耳に入れば自分に戴きます。例えば誰かが御叱り戴いているとすると、自分のつもりで戴くのです。それは、どういうわけかと言うと、世の中には無意味な事は一つもないのですから、自分の耳に聞えて来るということは、自分に必要があるから神様が聞かせられるのです。ですから、誰であろうと、どんな話でも私の耳に入れば、私はそれを戴くのです。その時自分に言って下さったのだと考えるのです。しかしそれを覚えようとは思っていません。気持で自分の肚の中に入れてしまうのです。ですから、普通言う記憶というものはほとんどないのです。しかし自分の血肉として身についたものになっていれば、それは必要において出て来ます。覚えるだけであれば、頭の良い人は覚えます。しかし幾ら覚えても、行いに出なければ何んにもなりません


 そこで、御神書の戴き方というのは、例えば、唯物主義者に対しての御言葉があったとすると、自分のどこが唯物主義者的であるかという事を考え、それを取ればよいのです。覚えようという事よりも、自分の身近かに---自分の魂に戴く---という事を忘れないようにする事が大事です。そういうようにすれば、行いに出るし人に何か聞かれても直ぐに出て来ます。ですから、すべて人事ではなく、自分に…という気持で戴くと大変に得をします。

 




     誠の信仰   

            『地上天国』22号、昭和26(1951)年3月25日発行
          香川県坂出市久米町  清霊中教会 大野保次郎(30)

 昭和二十五年四月二十二日、天国に在る妻亡父の霊媒により、神前における指導者の言語、行動、態度を諭され、私は非常に尊い事を教えられまして、早速信者各位と共に速時実行に移しておりますが、皆様の参考ともなればと必要事項のみを一筆執りました。

 
 四月二十二日早朝、愚妻に憑霊あり「神の使い神の使い」との言葉とその厳粛なる物腰態度に、普通でないと思い、早速床を上げ、御神前に祝詞を上げましてより浄霊を三分間程致しました。以下一問一答を記します。

 
 霊「中心が大事だ、柱が大事だ、貴方の信仰にはまだ誠が足りない、多くの人を救わんに、如何にしてそんな事で救えるか

 
 私「貴殿はどなたですか

 
 霊「熊崎芳種、神様の御言葉を伝えに来ました。今朝の貴方のお詣りは何事だ、服のボタンは外れており、顔も手も洗わず髪の毛は乱れている。左様な事で神様に誠が通ずるか、お詣りの時は服装を正し、手足を浄め一分間黙祈を捧げよ。目がきょろきょろ動いていては真の御用が出来ない。一分間黙祈すれば乱れてる心も落着いてくるものだ。最近霊媒に力を入れているが、祖霊は滅多に出てくるものではない。大抵御用狐が多く、それに熱中すると邪神につけ込まれ、折角お詣りに来た人も驚いて帰ってしまう。以後憑依霊がある場合は祝詞をあげ五分間浄霊致して、再び祝詞を上げ、どうしても苦しいような時は、もう五分間浄霊をして、以後は決して相手になるのではない。放っておくのだ、必要以外の言語は避けよ


 私「ハイ、お父さんは如何して天国に行けましたか


 霊「一つに貴方夫婦の御用、この浄霊の賜だ、貴方には光明如来様がそして明主様が、いかなるお方かわかるか、光明如来様とは宇宙の最高神で、お軸からは金の五光が燦然と輝いている明主様はその最高神の御化身の御方で誠にお偉い方であり、この御光も明主様の御霊徳も今にわかる。その光明如来様をお祭りする床の間に、埃があったり、汚れていると言う事は、皆貴方の心にそれだけの汚れがあり曇があるのだ。各信徒の家の床の間を早急に見て来るがいい。床の間がベニヤ板では実に申訳がない事だ、直ぐ御軸の写るような床板と張り替えよ、神様に使うものは何事も惜げなく使え、執着があってはいけない。小川の水のようにサラサラと奇麗に使えば、また小川の水のようにサラサラサラと無限に御恵みがあるのだ。お供えやお軸の掛け外しの時は、必ず神様にお断り致し、白布を床に敷きその上に足なり膝を乗せ用事をせよ神様の鎮りますお床に汚れた足を決して乗せるではないお花も七日以上供えておいてはいけない。霊界は七日目七日目が区切りになっている。お花は五、六、七の日に取替えよ。これを霊界では五六七というのだ。特に霊界は真善美、芸術の尊ばれるところだ。床の間はすみずみまで清掃し、御神前は決して子供の遊び場所ではない。食事も、横になる事も、雑談もいけない、控の間でするようにせよ。どうしても止むを得ない揚合は必ず神様にお断りしてお許しを得る事だ。人間か誠心から、詫び致せば神様は許して下さる。例祭日の玄関の下駄の様は何事だ。あの様を見て信者は落胆するのだ。玄関には手水を設け、御神前に額ずく時は必ず手を洗い、足の汚れた者は、必ず足を洗わせよ。また御神前で子供のおしめを取替えたり、汚れた物を置くではない。汚れるのだ。子供が不浄した場合はよく拭いて塩を撒き、その塩を掃き集めて火で焼くようにせよ。お供物も受付けをさしているようだが、あれは間違っている。信者が一カ月の感謝を捧げようとするのに、受付け致しては半分より神様に通じない。手を洗い服装を正して信者自身が自ら御神前に感謝を供えさせよ。次に貴方の救いは小乗的でいけない


 私「例えばどんな事ですか


 霊「例えば貴方は毎朝自分で御神前の清掃をしている。貴方が清掃して誰れが救われるのだ。なぜ協カ者にさせないのだ。なぜ協力者を救わないのだ。人間というものは、御神前にひざまづいて掃除をさして戴く時は、美しい心になるものだ。小乗的な親切はやがてそれになれ相手を救い損なう。服装も常に奇麗に洗った物を身に付けよ。また上司の先生の事をお互いに批評してはいけない。かような不敬な事はない。先生が間違っておれば神様がお審きになる。下の者がとやかくいう事は決して許さない。先祖が非常に苦しむ。以後先生の言葉であり、先祖の言葉と知れ。中教会長先生に接する時、友達のような態度で接しているが、先祖は神様の前で申訳けないやら恥しいやらで、神様に私がお詫びしている。以後は三尺離れたところから御話をせよ。坂出は礼儀に欠けている。貴方が手本を示めせば一般信者は皆貴方を見習ってくる不言実行だ。明主様は「小やかな事としえど忽にせぬ人にして大き事なる」「快きは白きを白とその侭に、宣る言の葉を聞くにぞありける」とお説き遊ばしているただ素直だ。清霊中教会長先生は実に素直な方だ。あんな良い先生を頂いて幸だ、よく見習えよ。


 私「はい

 霊「貴方には神様より大きな使命が残されている。今後は邪神の災いが非常に多い慎重に事に処せよ。坂出教会の大きな邪神を教えて置く」とて二、三名を指名し、


 霊「霊界より守護すると共に、邪神をここには寄せ付けない、中心たる者は明主様の御面会を一回も欠かす事はいけない。ただ明主様の御面会と誠の御用以外救われない」と言う事を教えられました。


 私「ただ今、光明如来様を奉斎致しながら曇っている家はどうなりますか

 
 霊「そんな家に光明如来様の御神霊は、天降りましていない

 
 私「浄化とはいかなる事ですか

 
 霊「皆己が心に問へ」以下省略致します。

 
 私「色々御鄭重な一言一言身に泌みて有難く承りました。ただ粉骨砕身御用をさせて戴きます。有難う御座居ました

 
 霊「私の使命は終りました。掃除をしてお詣りを願います。私はこれで引取らせて戴きます

 
 私「ハイ」背に水を浴びたような気持ちで早速御神前の清掃にかかり、床の間に雑布をかけようと致しますと居合せておられました実兄(大野鯛一)が「それでは神様に申訳けないから今少し新しい物でしなければ」と言ってくれましたので「そうだ、今神様から教えられたばかりだ」と思い洗面器に水を入れ雑布ではいけないからと思いまして、洗面所にあった三本の手拭からどれを使用すべきかと瞬時思案致しました。三本の手拭と言いますのは一本は使用してから二三日目、一本は一ケ月目ではありますが美しく、一本はやや汚れておりますので、神様の事ではあるが、どうせ雑布にすれば、汚れるからと思いまして、真中の使用して一ケ月目の美くしい手拭を使用せんと致しますと、


 霊「待て、人間が神様に古物をおろすとは間違っている。神様が人間におろされるのが順序だ。新しい物を使用さして戴け」私はハッと驚きました。ああ人間の浅はかさ二度までもとタンスの中から新しい白布を探しましたが、あいにく新しい白布はなく呆然として暫し思案にくれておりますと、

 
 霊「無ければ止むを得ない。手拭に浄霊をしてお詫びをせよ


アッそうだと思いまして、ねんごろに清掃して朝のお詣りを終りました。亡父は実に厳粛なる態度でお詣りをしておりましたが、終りますや、そのままの状態で妻は我に返りました。この間正に一時間四十五分、実にこの霊は今までのとは違いまして、実にゆっくりと物静かに尊厳なる言葉の一言一言自然そのものの態度には骨髄に泌みて、御神前に額き、四月二十二日よリここに我身の生れ替りを心に銘記し、過去の誠の足らなさを深く詫び、即日実行に移しておりますが、何時もより一層清らかな御神前と変り、集い来る人々も何かはなしに、より一層清まって行くのが目に見えて行く今日で御座居ます。

 
 時期を正に目前に控え、私共信徒はただ大神の御前に誠心を捧げるのみを深く痛感致し、筆を置きます。







inserted by FC2 system