ミニ講座






                    〔焦らず 怒らず 怠らず〕


             過去のミニ講座 平成22年12月     







      七、 完全営養食      (医講  昭和十年)

 
 是から説く営養食は、日本人を基礎としたものである。今、人間
の食物を二大別すると、植物性食餌と動物性食餌とである。今、此
植物性食餌から説いてみる。

 
 肉体の血になり、肉になる営養素は、植物性食餌即ち穀類野菜
あって、単に、肉体を養ふ丈の意味から言へば、植物性食餌のみで
充分なのである。然し、人間は、社会生活の必要上、唯生きる以
外、智慧、元気、発展向上心、凡ゆる欲望、夫等がなくてはならな
い。そういふ意志想念を湧出するに力あるのが、動物性食餌の役目

である。故に、都会生活者は、その必要から動物性食餌を多く摂る
事になり、反対に、農村人は、植物性食餌を多く摂るといふ事は、
実に自然によく出来てゐる
のである。


であるから一度病気に侵された時は、野菜食を多く摂るのが合理的
である。病気に罹れば、智慧を揮ひ、元気や欲望の必要がないの
で、反って、病気の為の熱や苦痛の為、肉体的要素が衰弱消耗する
を以て、それを補給する必要上野菜食に限ると言ってもいいのであ
る。然るに何ぞや、
今日の営養学は、病気に罹るや、反って、平常
よりも肉食を多く摂らせる為、病気に依る肉体消耗へ拍車をかける
様なもので、その謬れるの甚しきは実に恐るべき事
なのである。

 
 天地間、森羅万象、凡ゆる物の生成化育は、陰陽の理に外れるも
のはない。昼と夜、夏と冬、天と地、火と水、男と女といふ様な訳
であって、
食物にも又陰陽があるのである。


 穀類で言へば、米は陽にして、麦は陰である。人種から言へば、
日本人は陽で、西洋人は陰
である。日本人が米を食ひ、西洋人が麦
を食ふのは此理による
のである。故に、日本人は、米を主食とする
のが本当
であるから、儻(モ)し、止むを得ざる時は、米より麦の方を
少く食へば差支えないが、麦の方を多くするといふ事は絶対不可
ある。又
植物性食餌を陰陽に分ければ、穀類が陰で、野菜類が陽
ある。野菜の中にも陰陽があって、
根とか実とか、白色、赤色、黒
色とか言ふものは陽
であり、菜の類、葉の類、すべて青色の物は陰
である。大根の白い根が陽であり、青い葉が陰である。故に、理想
から言へば、
その時と場合に応じて、陰陽を按配よく摂取するのが
いい
のである。

 
 魚は陽であり、野菜は陰で、鳥は陽であり、魚は陰である。是等
をよく考へて、其人々の生活に、当て嵌めてゆけば間違ひないので
ある。男子は外へ出て、智慧や元気を揮ふのであるから、動物性食
餌と、植物性食餌と半々位が良く、婦人は内に居て、体的活動が多
いのであるから、植物性七分、動物性三分位が最もいいの
である。
近来、上流婦人にヒステリーが多くなったのは、動物性を多く摂り
過ぎる為なのである。

 
 次に、牛乳に就て、是非、注意したいのである。小児ならイザ知
らず、青年以上になっても、牛乳を飲用する人があるが、是等は、
実に、謬れるも甚しきもの
である。何となれば、歯は、何の為に生
えてゐるのであるか、勿論、物を咀嚼する為である。赤児は歯がな
い為に乳を呑むので、
立派に歯のある者が呑むといふ事は、如何に
天理に外れてゐるか判り切った話
である。設(モ)し、大人が赤児と同
じく、乳を飲むとすれば、赤児と同じく、立って歩かないで這って
歩くのが当然ではないか。


こんな判り切った事さへ判らない、文明人といふものは実に、愚か
な者であると思ふのである。牛乳を飲むのは間違ってゐるが、食物
の味、例へば珈琲に入れるとか又は、菓子や料理に使用する位は差
支えないのである。日本人が牛乳を飲むと体力が衰へるのである。
私は牛乳常用者へ、此害を説いて、飲用中止した為、健康を増加し
た者の、余りに多いと言ふより、殆んど全部といふ方が、当ってゐ
る事実を、茲に報告するのである。

 


    八、 食餌の方法      (医講  昭和十年) 

 
 食餌の方法などといふ事は、実に、可笑しな話であって、方法も
クソもありはしない。
腹が減った時に、箸と茶碗で食へばいいので
あるが、今日、文化が進んだ為に、反って間違った点が多々あるの
を以て、本当の食餌法を説くのである。


 腹が減るから、飯を食ふといふ事は真実であるが、今は、そうで
はないのである。腹が減らないのに我慢して食ひ、美味い物を不味
く食ふ人が多くなってゐる
のである。又、食ひ度い物を食ふと言ふ
のなら、当然(アタリマエ)だが、食ひ度いものを我慢して喰はないで、喰
ひ度くないものを我慢して喰ふといふ、不思議な文化人が多くなっ
てゐるのである。

 
 本当から言へば、三度の食事の時間を決める位、間違った事はな
と共に、又、食餌の分量を決める位間違ってゐる事は、之もない

のである。考へてもみるがいい、千差万別、凡ゆる食物が消化さる
る時間は、決して一定してはゐない。それぞれみんな違ってゐる。
三時間で消化する物もあれば、五時間以上でなくては消化しないも
のもある。


それ故、食事から食事迄の間隔を一定すれば、腹が減り過ぎる事も
あれば、腹が減らな過ぎる事があるのは当然
(アタリマエ)である。腹が減
り過ぎた時は結構であるが、腹が減らないのに、時間が来た以上食
はなきゃならないといふ事は、初めに言った、食ひ度くないのに喰
ふ訳なのである。それと同じく分量も腹が減れば余計食ふし、減ら
なければ少く食ふといふ事が、最も自然的であり、合理的
ではない
か。


例へて言へば、寒いから綿入を着、火鉢にあたるのであって、暑く
なれば、浴衣になり、氷水を飲むのである。その如く、
人生何事も
一定に決められるものではないので、決めるといふ事が不可なので
ある
今日、医家が言ふ養生法に、食事の時間を定めて、食事の分
量を定めよといふ事が、如何に間違ってをるかは判るであらふ
。然
し、そうは言ふものの、食事の時間丈は、不規則に出来得ない、勤
人のやうな境遇者は止むを得ないから、せめて、食事の分量を伸縮
するより致し方ないであらふ。然し、境遇上、出来得る人は、私の
説く様にすれば、必ず胃が良くなり、健康が増進する事は保證する
のである。

 
 次に、今の人は、食物に就て、非常に間違ってゐる点がある。そ
れは、
何が薬だとか、何が毒だとか言って、喰ひ度いと思ふ物を喰
はないで、喰ひ度くもない不味い物を我慢して喰ふ傾向がある
。そ
れも、実際に合ってゐれば未だしもだが、
飛んでもない間違った事
を行ってゐる。


本来、凡ゆる食物は、神が人間を造り、其人間を養ふ為に、種々の
要素を必要とする。故に、その必要の要素が形を変え、味を変え
て、食物になってゐるのであるから、何が薬だとか、何が毒だと
か、人間が勝手に決められるべきものではない
のである。詰り、

時喰べ度いと思ふ物が其時の必要なる物
で、それが、其時其人に、
薬になる
のである。


恰度、喉の乾いた時に、水が飲み度い様なもので、それは、其時水
分が欠乏してゐるからである。食べ度くないとか、不味いとかいふ
物は、其食物が必要でないからで、そういふ物を我慢して喰へば、
毒にこそなれ、決して薬にはならないのである。であるから、最も
理想的食餌法を言ふならば、
喰べ度い時に、喰べ度い食物
を、喰べ度い丈喰ふのがいい
のであるから、少くとも、病人丈
はそうしたいものである。

 
 次に、咀嚼に就て曰はんに、よく嚼(カ)む程いいといふ事は世間で
言はれ、又、大方の人はそう信じてゐるが、
之も間違ってゐるので
ある。之に就て、私は実験した事がある。確か拾余年前だったかと
思ふ。アメリカにフレンチャといふ人があった。此人が作った、フ
レッチャーズム喫食法といふのがある。出来る丈よく噛む−形がな
い迄、ネットリする位迄嚼んでから呑み込むといふ行り方なので、
大分、其当時評判になったものであるが、それを私は、一箇月間、
実行してみた。最初は、非常に具合が良かったのであったが、段々
実行してゆく裡に、胃の方が少し宛、弱ってゆくのが感じられ、随
而、何となく身体に力が薄くなった様な心持がしたので、之ではい
けないと、元の食餌法に変えた所が、忽ち力を恢復したのである。

 
 此実験に由って、よく咀嚼するといふ事は、胃を弱める事にな
り、大変な間違ひであるといふ事を知った
のである。然らば、どの
程度が一番いいかといふに、半噛み位が一番いい
ので、その実行に
由って、私は、胃腸は頗る健康であるのである。

 
 食物に就て一例を挙げれば、私は、夏は、茄子の香の物と枝豆を
特に余計食ふ
。之は、茄子を喰ふと非常に痰が出る。其理由は、茄
子は、
体内の掃除をする力があるので、神は人間に、沢山食はしむ
べく、此野菜は、沢山生る
のである。
枝豆は夏季に限る野菜で之も
夏季多食すべく、与えてある
のである。又
秋は、柿を出来る丈食す
るといい
のである。冷えるといふが、之は冷えるのでなくて、
体内の洗滌をするので、それが為に、小水の多量排泄となるのであ
る。

 


  ――――――――――――――――――――――――――


   浄霊日記  槐安生      

            『栄光』177号、昭和27(1952)年10月8日発行
  某月某日
『今日は…』と入って来た北山のお婆さんの顔を見た途端、チェッ
と舌打ちしたい気持だった。また長がながと愚痴を聞かされ、大事
な時間を無駄にさせる辛さ、無念さは、現在の私のような寸暇を惜
しむ境遇にある者でなければ解って貰えない。もともとお道に入る
前から私は子供と年寄りが好きで老人の還えらぬ愚痴話を聞く相手
を勤める事も、それ程迷惑だとは思わなかった。老人の愚痴はいわ
ば風呂に入って垢を落すようなもので、聞く私の方も耳から耳へと
聞き流し、欠伸まじりに、ときどきンンと合槌を打つ。これも年寄
りへの一つの功徳だ。と思っていたからだ、ところが、
このお道に
入ってから
『愚痴をこぼせば、こぼれる』という諺のように言霊の
働きの玄妙さを識ってから
、自分も愚痴を云わぬかわり、他人から
愚痴を聴かされるのも大嫌いになった
のであった。
 
『槐安さん。うちにはチットモ御利益や奇蹟はないが、どうゆう訳
だろうね』お婆さんの質問は、いつも単刀直入だ。また始めたな悪
い癖だ。と私は腹の中で呟やいた。この人は信者であるが教会へも
滅多に行った事もなく、会員にもなっていず、本部への御参拝はな
おさらの事である。それでも浄化の時だけは近所の同信の方にお浄
霊を願ったり、組し易し、と見てか私の家へ来たりする。その度ご
とに老いの愚痴である。教会の先生も半ば匙を投げた恰好ときいて
いた。


『お婆さん、御利益がない、というのは変だね、私なんか御利益の
ない日は一日もないがね、お浄化はあるんでしょう。それを浄霊で
治して戴く、それだけでも大変な御利益だし、それを奇蹟とも云え
るでしょう。それともお婆さんの願う御利益というのは、毎朝目が
覚めると枕元に一万円ずつも神様が運こんで置いてくれる事かね』


『なーに、毎日一万円だなんて、そんなにはいらないがね』お婆さ
んは、今にも私が財布を出すかのように思ったらしく膝を乗り出し
たのが可笑しかった。


奇蹟や御利益というものは、信じる人の真心に感応して、神様が
下さるのが普通の場合で、信のないとこに御利益はない
。とも云え
る。一体、日本人には妙な信心の仕方があってビタ銭一枚を賽銭箱
に投げ込み、家内安全、商売繁昌、天災地変から遁れさせ拾えと注
文する欲だけで固った神信心がある
出すものは最少限、お願いは
最大限の無上を願う
。実に身勝手な量見だ』日頃の心掛けのほどを
知っているだけに、隣みと呆れ、可笑しさと憤りとが織り交り、つ
い私の悪い癖である、荒っぽい言葉が口を衝いて出る『御利益や奇
蹟が、どうして、どうゆう人にあるのか、つい先日その人たちから
直接聴いた話があるから、それをお話しよう
』私は記憶の糸をたぐ
りながら話を進めた。

 
 将棋の駒で名高い天童の町が温泉地であるというのはつい先日知
ったばかりだ。ここには十数軒の温泉旅館軒をならべているが、こ
のうちで一番湯量が豊富、客も多いのは、『あづま湯』と云って信
者の高橋さんが経営している旅館である。高橋さんが経営者となる
までのこの旅館は、客もすくなくて採算がとれず、いわば旅館のう
ちでも下等の部に属していたそうであった。高橋さんはこの旅館の
跡とりであったが、家業を手伝わずに県庁に勤め、二十年間奉職し
ているうちに胸を思いそれが浄霊で全快し、父母も逝くなったので
家業を継いだという。


二階の座敷に光明如来様を奉祀してから入湯の客も漸次ふえ経営も
楽になったとき、近所の旅館主五人と共同で新らたに温泉の湯脈を
掘りに掛かった。充分に調査した上で発掘工事に取りかかったのだ
が失敗し、二度目のそれもまた失敗に終った。三本目に取りかかっ
たがこれも出ない。その時、高橋さんは、
そうだ…神様にお願いし
てと思い一生懸命に浄霊した
ところ、この人の信の力に呼応するが
如くに湯が湧きだした。しかもこの湯は神様の御加護で、湯量の豊
富なことは天童第一だそうである。この豊富な湯量に力を得て大き
なローマ風呂を新設し、これがまた評判となって湯治客がふえ、客
の多いことも第一になった。そして現在、施工中の新館は総二階、
百数十坪の立派なもので、式場に使う二階の大広間は、熱海咲見町
の御神殿を、やや、小さく摸したもののように思えた。

 
 この土地のメシヤ教の支部として、高橋さんは一間を教師に提供
し、先生に御自由に使って戴きます。と、私に語った。

 信の深さに比例した、無量無辺の大威徳である。と感じ入ると共
に、この方のように筆を執る事が不得手なために、栄光や地上天国
に発表されない、いわば隠れたお蔭語が、全国に沢山あることにも
改めて気が付いた
のであった。


 御利益や奇蹟のお蔭話も日常の生活面から拾えば、実に数限りな
い事は次の信者の一例からでも窺える。

 秋田県大曲の町で魚屋を営む清水さんも真面目な信者であるが、
この人の商売道具の一つである大きな冷蔵庫は、氷の溶け方が少
。なぜ同じ目方の氷があんなに長く保つのか?と氷屋が不審に思
い、今では近所の話題にさえなっている。なかには、氷の溶けない
秘訣があるのか?と訊きにくる人もあるが、別に秘訣などはなく、

ただ氷を入れる時浄霊するだけです。と云うが、信者でない人は
『こっそり、何かの薬を使うのだろう』と信じない。
 
 氷とは反対に、練炭を燃すとき浄霊すると、三、四時間もなが保
ちし、火力も強くなる、という事はたいがいの信者が実験済みだ。
私のうちは、食べ盛りの男の子が三人いて、毎月一斗近く配給以外
の米を買っていたが、
炊くとき浄霊するお蔭で炊きぶえして腹もち
も良く、今では二、三升も買えばこと足りる。これを金銭に替えて
計算すれば、長い間では相当な金高にのぼる。

 
 高橋さんのように、浄霊で温泉が出たようなことは誰にも望める
事ではないが浄霊したら井戸水が湧き出した。という御神徳に浴し
た人は相当いる。奇蹟に馴れ、奇蹟を奇蹟とも思わず今ではあたり
まえの事とさえ思いがちであるが、
信者の生活は日々是奇蹟
あろう。


『お婆さん。奇蹟や御利益は、このように誰でも戴けるという事が
解ったでしよう。曇りになるばかりの愚痴をこぼしたり、神様に不
服を云ったりせず毎日を無事に過させて貰っている事に感謝して、
行きさきに希望を持って明るく生きてゆく事が何より大切
でしょ
う。一つ一つの御利益や奇蹟を数えて喜ぶより、
私が何にも増して
有難い。と思っていることは、神様を信じ切って生きているこの安
心さ
です。安心。というこの御利益こそ、幾千万億の金でも買え
ない大きな値うち
で、これがある為にメシヤ教へ入信した有難さ
が、泌みじみと思われる
のです。お婆さんも気持ちを替えて教会へ
行き、先生のお話しを良く聴いて、
信者としての勤めを果すことか
ら先にして御覧なさい』と話を結んだ。






inserted by FC2 system