メシヤ教 岡山支部

2-1、従来の農法について






食と農



「自然農法」について



A、総 論          A-2-1、従来の農法について




     「過去の農業について」

(前略)それからもう一つ官吏の言っている事は"明治初年あたりに
は反当一石くらいだった、それが科学肥料を使うようになってか
ら俄然として成績が良くなった。だからそんな無肥料という事は
絶対に駄目だ"という事を言ってます。しかし明治初年には一石と
いうのは少し大袈裟な言い方で肥料を使うようになってからとそ
んなには違わないが、しかし一時は違ったです。


それはどういうわけかというと明治までが無肥料でやって来たの
ならそれは学者の言うとおりです。しかしそれまでに散々人糞を
かけていたのです。だからそれが妨害していたわけです。それで

科学肥料をやるようになってからは人糞の害から免れたので良く
なった
のです。これはやっぱり病気と比べてみるとよく分りま
す。つまり
日本人の体力というものは漢方薬によって非常に弱ら
せられていた
のです。というのは漢方薬は量が多いのです。とこ
ろが西洋の薬になると量は実に少ないのです。漢方薬からみる
と、その百分の一か千分の一くらいなものです。ですから西洋の
薬が相当に毒があっても、量が少ないために一時は良くなった

です。


ですから最近言われている"日本人の寿命が延びた"という事はそれ
がためです。近頃になっては、みんな漢方薬をのまなくなって西
洋の薬をのんでます。そこで
薬毒が減ったから寿命が延びたわけ
です。更に西洋の薬も止めてしまえば、もっと寿命が延びるわけ
です。迷信というのは妙なもので、それに限ると思ってしまう
と、理窟の多い方に理窟をつけるのです。そういったような
迷信
を分らせる
のだから、とに角私の仕事というものはそれは大変な
ものです。(中略)               
(御教え集26号  昭和28年9月16日)



     「農耕者の肥料迷信」

 今度各地から報告された昨年度の成績をみると、時期が早い為
収穫迄に到らないものもあって遺憾ではあるが、併し大体は判っ
たので、これに就いて私の感想をかいてみるが、何よりも
自然農
法は、今迄作物の生命と頼んで来た肥料を否定する
のであるか
ら、最初は家族をはじめ、村人等から思わざる非難攻撃を受け、
嘲笑の的とされるので、実に血の涙で隠忍自重、黙々と頑張り通
して来た事は、読み乍ら私は目頭が熱くなる位である。全く信仰
ならではという感が胸に迫るが、何しろ
先祖代々肥料迷信になり
切っている
人達からみれば、反対するのも無理はない。これに就
いて惟われる事は、歴史上今日でも、人類に多大な貢献をなしつ
つある発明発見と雖も、その当初は例外なく誤解と迫害を浴び、
苦心惨澹押し切って来た幾多の記録は、吾々の魂を揺り動かさず
には措かないものがある。


 そんな訳でこの自然農法と雖も、一時は相当反対されるであろ
う事は覚悟はしていたが、何といっても実際に驚異的成果を挙げ
る以上、或時期迄の辛抱と思っていた。処が予期の如く、漸く各
方面の注目を惹くに至った事は、今度集っただけの報告をみても
よく分る。併し最初は何といっても周囲の事情も悪いし、本人で
さえ確信が有てない事とて、思い切って堂々とやり始めた人は少
なく、大部分はオッカナ吃驚試作的に始めたのである。而も
土地
にも種子にも肥毒が相当滲み込んでいる
ので、最初の年などは枯
死するかと思う程の黄葉、細茎等で、これを見ては不安焦燥、只
管神様に祈るのであるが、収穫時になると案外好成績なのでホッ
とするとは誰もがいう言葉であって、この難境を切抜けてこそ、
勝利の栄冠を贏(カ)ち得るのである。(後略)  

  (「農業の大革命  五カ年にして米の五割増産は確実(二)」革自  昭和28年5月5日)



     「肥料迷信の例」

 去る十月二十日NHKの昼間放送「ひるのいこい」の中に、左
の如き話があったが、面白いと思い茲に載せたのである。その中
で反対の結果に対し、農家の人達は、これはどうも解せぬといっ
て、枯れた稲穂を前に、首をかしげて考え込んだというのである
が、これこそ全く肥料迷信の目で見た為である事がよく分る。


  今日の「RFD便り」は先ず水戸放送局の館野RFD通信員から届いたものを
お伝えしましょう。茨城県の「穀倉地帯」といわれる新利根川の流域も、今年は
冷害やイモチ病の為に大変な被害を受けました。特に米を反当り十俵も穫ってや
ろうと硫安や緑肥をウンと注込んだ田圃では、稲が倒れたりイモチの為に穂が真
っ黒になったりして、見るも無漸な姿になってしまいました。それに
この地方で
は今年は螟虫(メイチュウ)退治のために「パラチオン剤」をしこたま撒いた為、薬が効
きすぎて田圃のエビガニや鰌(ドジョウ)までが死んでしまい、こんどはそれが又肥
やしになって反ってイモチ病を激しくするという洵に皮肉な事になってしまいま
した。
処が
その反面手許不如意の為に思う丈の肥料をやれなかったり、又手不足
の為に碌々草もとらなかった様な田圃が、反ってよく出来たりした
ので、農家の
人達も「これはどうも解せぬ」といった面持で、枯れた稲穂を前に首をかしげて
考え込んでおります。  
    (「無題」栄245号  昭和29年1月27日)



  「今や、肥料で土を殺す恐怖時代」

 今世界的大戦争の真最中といったら驚くだらう、それもその筈、
眼に見えない−神と悪魔の大戦ひなんだ。(中略)

 平和を齎(モタ)らさんとして戦争をする、天国を生まうとして、地
獄をつくる。健康者たらうとして薬毒を服む、
農業を発展させよ
うとして肥料で土を殺す
、幸福を得ようとして嘘をつき信用をな
くす。人類の福祉を増進する目的で発明発見をしたら、その為に
恐怖時代が来そうだ。     
(「寸言」光14号  昭和24年6月25日)



   「現代農業の土は肥料中毒」

(前略)私の唱える無肥料栽培にしても、今迄の農業は金肥や人肥を
施すと一時は成績が良いが、土を殺すから土は段々痩せてくる

それが気がつかないで、肥料の一時的効果に幻惑され、遂に
肥料
中毒に人も土も罹ってしまふ
のである。(後略)
     (「正直者が馬鹿をみるとは嘘だ」地3号  昭和24年4月20日)



     「現代農業の間違い」

 私は十数年以前から無肥料栽培を唱えて来たが、最初の中は誰
もまともに受け入れる者はなかった、然し私が唱え出したのは、
ただ徒らに奇を好んだり理想論に走ったりするのではない、
実験
の結果からである
、勿論私は農業に経験のない素人ではあるが神
の啓示のまま穀物、野菜、果実、花卉類に至るまで約三段歩の土
地に十数年に渉って
試作研究の結果、従来の農業が如何に誤謬に
陥っていたかを発見した
からである。

 それは永い間人肥金肥の如き人為的肥料を作物に対する唯一の
栄養素と誤認
し、今日の如く根強い伝統的精神とまでなって行は
れて来た事は誰も知るところで、実に
一大迷信に罹っていたとい
っても過言ではないのである。


 そうして私の根本理論としては、この地球の土壌なるものは造
物主、即ち神によって作られたものである
とともに農作物もそれ
によって生育するもので、土壌の性能も作物のそれも、人間生命
保育のために造られたもの
である事は自明の理である、勿論それ
火水土の三位一体の力素に因るので、人間に必要なだけは生産
されるのは当然である、然るに近来、
日本は人口を養うに足るだ
けの量が出来ない
結果、産児制限の如き反自然的方法を行わなけ
ればならないという事は何処かに原因がなくてはならないが、

原因こそ農耕に対する反自然的誤謬
である、然らばこの反自然的
農耕法とは如何なるものであるかを詳説してみよう。



       肥料は土壌に有害作用

 元来、金肥人肥の如き人造肥料は何時の世如何なる人間によっ
て施行されるようになったかは知らないが、この
人造肥料こそ土
壌に対し非常な有害作用をするもの
で、これを用いる結果とし
て、漸次土壌の活力は減退し、痩土化したのが現在我国の農耕地

である。
 元来あらゆる作物は土本来の栄養素を吸収して生育さるべく神が
造られたもので、これが真理
である、然るに人造肥料を施すと、
作物の機能は変質する
のである、即ち土壌から栄養を吸収する機
能が土壌分より肥料の要素が多い結果、土壌以外である肥料から
も栄養を吸収せざるを得ない事になるので栄養吸収性が転移し変
質化する
のである、此変質性となった以上、偶々肥料を減少、又
は無肥にする場合、作物は栄養失調になる
のは当然である、故に
変質性が常態に復するまでに時を要する、その期間、即ち本来の
土のみの栄養を吸収する機能が弱力化の為生育不良を呈する、そ
れを誤って農民は肥料を施さないから悪いと思ひ依然として人造
肥料に依存し今日に至ったのである、何よりの證拠は無肥料栽培
の幾多の報告に見るも明かで、無肥料に転化した当座は生育不良
にみて明かである、然るに其時を経過するに及び漸次良好とな
り、収穫時には意外に多量の収穫に驚くのである、今一つの例は
人間に於る近来流行の麻薬中毒を見れば分る、中毒に罹った者は
麻薬がきれると生きるに堪えない程苦しむのと同様である。(中略)



       化学肥料で虫害増加

 そうして今年の産米が、最初の予想より病虫害のため一割減とい
う事で、政府においても二百四十五万石の供米減免を決定した
が、これによってみても如何に
虫害の恐るべきかを知るのであ
る、しかも近年倍々虫害が殖える傾向があるのであるから、実に
軽視出来ない問題である、
この原因は勿論、施肥増加の為である
事は、
無肥栽培によれば虫害は問題にならない程著減するに見て
明かである、又年々風水害による被害も馬鹿にならないものがあ
るがこれも無肥栽培に於ては、有肥に比し茎折れが非常に少く、
畑作にしても花落が目立って少いから、この事も見逃せない有利
な点
である、今一つ
特筆すべき事は無肥のものの美味で、無肥の
味を知ったものは、有肥は口に出来なくなる事は異口同音に称讃
するところである、又穀物豆類の目方の多い事でこれはコクがあ
るからである。


 以上の如く驚嘆すべき効果があるによってみても、この家庭菜
園が一般に知れ渡るにおいては、日本の農耕は一大革命を起す

は火を見るよりも明かである。


 以上は、専門家を目標に書いたのであるが、近来流行の素人栽
培に対しても大なる福音である、素人が人糞を扱うことの如何に
苦痛であるかは誰も知るところで、田園と違い、人家稠密の間に
一坪菜園の如き臭気の不快から免れるとともに、不潔不衛生から
も解放されるとしたら如何に救はれるかである、一家団欒の食膳
に美味で、虫害の危険もなく多収穫で、生食でも不安なく食せる
といふ事は、何たる幸福であるかを想像されたいのである。(後
略)

   (「無肥料栽培の勝利  悩みの食糧問題一挙に解決せん」光39号  昭和24年12月10日)



   「化学肥料は環境悪化を招く」

 (前略)病人を作らない病なき世界を造るにも、この肥毒を止めさ
せるという自然農法が間接に病を無くする大きな原因になる
わけ
です。(中略)

 そういうようなわけで、ドジョウやエビガニが死んだというので
すが、一体ドジョウやエビガニは何かというと、農村では海に遠
いから、そこで神様は偶には魚も食わせなければならないという
ので、
ドジョウエビガニというものが自然に出来るようになっ
ているのです。
タニシなどもそうですが、それが近頃は誠に無く
なって来てます。これは
化学肥料を入れるから死んでしまうので
す。ですから如何に間違っているかという事が分ります。やっぱ
り"超愚"です。(後略)    
 (御教え集27号  昭和28年10月27日)









inserted by FC2 system