メシヤ教 岡山支部

2-4、既存の肥料について






食と農



「自然農法」について



A、総 論         A-2-4、既存の肥料について




   「肥料が体に入ると毒素になる」

 自然農法に関して、松井誠勲氏の言うには「西洋では実験して、
はじめて知つたが、明主様は実験せずして御存知」とね。

 肥料は体内に入ると毒素になる。日本の場合は糞小便の肥料が体
内に入ると、薬毒程ではないが、やはり毒になる

                  (御垂示録1号  昭和26年8月5日)



     「肥料の逆効果」

 (前略)曩に述べた如く、火水土の三原素が農作物を生育させる原
動力
としたら、日当りをよくし、水を充分供給し、浄土に栽培す
るとすれば、今迄にない大きな成果を挙げ得る事は確か
である。
いつの日かは知らないが、人間は飛んでもない間違いをしでかし
て了った。それが
肥料の使用である。全く土というものの本質
を知らなかった
のである。成程
肥料をやれば一時は相当の効果は
あるが、長く続けるに於ては
漸次逆作用が起る。即ち作物は土の
養分を吸うべき本来の性能が衰え、いつしか肥料を養分としなけ
ればならないように変質して了う
のである。

之を人間の麻薬中毒に譬えれば一番よく判る。人間が最初麻薬を
用いるや、一時は快感を覚えたり、頭脳明晰になったりするの
で、その味が忘れられず、漸次深味に陥り、抜き差しならぬよう
になる。斯うなると麻薬が切れるとボンヤリしたり、激しい苦痛
が起ったりするので、何にも出来なくなる。遂に我慢が出来ず、
悪いとは知りつつも用いるというように、麻薬から離れる事は出
来なくなり、人の物を盗んで迄も麻薬を手に入れようとする。之
等の実例は新聞に絶えず出ているから如何に恐ろしいかが判るの
である。


此理を農業に当嵌めてみれば直ぐ判る。全く今日、日本全国の土
壌は麻薬中毒、否肥料中毒の重患に罹っている
といってもいい。
処が
農民は長い間肥料の盲信者となっているから、仲々目が醒め
ない
。偶々吾々の説を聞いて、自然農法即ち人為肥料を廃止する
や、最初の数ケ月は思わしくないので、これを見た農民はやっぱ
り今迄通り、肥料をやらなければ駄目だと早合点し、それで廃め
て了うのが往々ある。(後略)

               (「土の偉力」自解  昭和26年1月15日)
             (「肥料の逆効果」革自  昭和28年5月5日)類似



  「追肥の方法、中耕、
       土入れの時期について」

 "追肥の方法、中耕、土入れの時期、方法、土壌に有機質の少い
場合の処置について御教示下さい。


"兎に角、無肥料でやればね、こんな面倒臭い事は何も要らない
ですよ。追肥なんて事も間違ってますしね。こんな事は要りませ
んよ
。それから中耕っていふのは、この目的は土を固まらせない
為ですから、堆肥をうまくやれば中耕の必要はない
位です。たゞ
この場合の
堆肥は草の葉でなくては駄目ですね。で、土入れって
のは肥料でわざわざ土を悪くしておいて、今度は新しい、肥料を
使ってない土を入れる事ですからね、馬鹿馬鹿しい話ですよ。

              (「御光話録7号」昭和24年4月13日)



      「石灰窒素」

 "無肥料として石灰窒素は害はありませんか。

"害がある。窒素は地から出る霊気で、空気のある極点まで行って
溜る
それが雨によって地へ降る雨は蒸溜水と同じで、何にも
ない水と同じであるが、  空中に溜ってる窒素が含まれるから濁っ
た色になる
。それが地へ滲み、丁度よい。
化学的にとった窒素を
加えると過剰になる
石灰を混ぜるのは弱める為である。
                   (「石灰窒素」年代不明)



    「作物を肥料にする間違い」

(前略)昨日、熱海から出た元代議士で小松勇次という人が来て、
是非御相談したい事があるというので聞いてみると"自分の知人で
大変良い肥料を発明したから、自分も大いにそれをやるつもりだ"
と言うので、よく聞いてみると
"薩摩芋を腐らせて、それをやると
四、五割増産する"
と言うのです。それで私は"それはよしなさ
い。一時増えても、いずれは駄目になるのだから、何にもならな
い"
と言ってやったのです。その人は、農業部門に非常に興味を持
っているので是非やりたいと言うのです。
"それでは私の方の自然
農法をやりなさい"
と言ったら、大分わかって帰りました。それで
芋の方は止(ヤ)めると言ってました。先方もいろいろ聞きますか
ら、根本を話してやったのです。大体薩摩芋という物は、神様は
人間の食物として作られたので、それを腐らせて肥料にするとい
う事は大変勿体(モツタイ)ない事であり、全然
理窟に合わないだか
ら、それで反対するのだと言ってやったのです。(後略)

               (御教え集19号  昭和28年2月25日)


 (前略)一昨日、熱海から出たこの前の代議士で小松勇次という人
が来て、今度自分の友達で茨城県か何処かに居る人で大変な肥料
を発見した、というので聞いてみると、
薩摩芋を腐らして、それ
を肥料にすると非常に良くできる
というので、是非賛成して力を
貸してくれと言って来たのですが、私は頭から
"それはよしなさ
い。それは一時的には何割か増産するが、しかし何年かやってい
るうちに元のとおりになる、或いは元より悪くなるから"
と言って
やりました。それはどういう訳かと言うと、
芋というものは、神
様は人間の食物としてこしらえてある
のだから、それを腐らして
肥料にするという事は神様の御意志に全然反する事になり、良い
わけがない
のです。だから
凡て、これは神様の御趣旨、目的はど
の点にあるか、どういう御意志かという事をはっきり分らなけれ
ばならない
のです。それで凡て一時的に良くなるものはいけない
のです。薬でも、今言う肥料でも、一時的ですからいけないので
す。それは硫安などをやると一時うんと出来ます。そこで"これは
いい"という事になって、反対に悪くなってもそれに気が付かない
のです。(後略)     
  (御教え集19号  昭和28年2月26日)



   「鶏糞、魚粉等を肥料は・・・」

 "(一)農耕肥料として鶏糞の下肥は如何でありますか。
(二)海底の泥、海草、川草、魚粉等は肥料として如何ですか。

"(一)、やらぬ方がよい。心得べきは水田に稲を作る場合、土と
種子両方に肥料を含んでいるから、二、三年種を抜く必要があ
る。であるから
鶏糞や馬糞はやらぬ方がよい。一時は減収する
が、一年目は三、四割、二年目は四、五割――。


(二)、堆肥は結構で、草は繊維が弱いから早く腐る。木の葉は
強いから腐り難い
。故に下積みにするには木の葉上の方は草肥
にする
とよい。
堆肥は根を温めるのと、土を固めぬ為である。箱
根の木が捻れているのは下に岩があるからで、右のようにして唐
もろこしを作ったら素晴しい。

          (「鶏糞、海泥等、(葉肥と草肥)」年代不明)



  「肥料迷信から抜け切れない、
      魚カス、油カスをやる人」

(前略)厄介なのは、信者の人でも肥料迷信から抜け切れない人がな
かなかある
のです。それで科学肥料などはいけないが、今まで使
っている
厩肥とか魚カス、油カスとか、そういう物ならいいだろ
うと言って幾らかやるのですが、
それが大変に影響するのです。
だから自然栽培になっても、どうも他所(ヨソ)の人のように成績が上
らないのは
どういう訳でしょう、という疑問を起こしている人が
よくあるそうですが、そういうのをよく調べてみると必ず何かし
ら使っている
のです。そういうように肥料迷信から抜け切れない

のです。丁度医学迷信と同じで、浄霊で治りながら、やっぱり"長
い間のんだ薬が効いて来たのだろう"とか、"時節が来たのだろう"
とか言っているのです。これはお蔭話によくあります。そういう
ようで、
この迷信を打破するのは実に大変なものです。(後略)    
               
       (御教え集26号  昭和28年9月16日)



   「赤錆病、魚肥について」

 "赤錆病の麦や魚肥を堆肥としてよきや。

"魚肥は不可である。赤錆病は肥料の為である。
                 (「赤錆病、魚肥」年代不明)



  「魚介、海草、糠、灰肥について」

  "魚介、海草類、米麦の糠、灰等を肥料に使うのは如何でしょう
か。


"糠などはいけない。自然でなくてはいけない。自然は凡ゆるもの
がそうである。
        (「魚介、海草、糠、灰肥」年代不明)










inserted by FC2 system