メシヤ教 岡山支部

2-7、消毒薬について






食と農



「自然農法」について



A、総 論          A-2-7、消毒薬について




    「頭を切り替える」

  "一昨年頃より柑橘園に矢の根貝殻虫が発生し、其の駆除に困っ
て居ります
現在、駆除法として青酸ガス燻蒸を行って居りますが
効果なく、ルビロー虫も発生し、松脂合剤にて駆除して居ります
が同様効果はありません。右の二害虫に対して駆除するには如何
にすれば宜しいでしょうか。御教示下さい。尚、開園当初より
学肥料は一切使用せず、堆肥と魚肥のみ使用
し、戦時中肥料不足
の折も海草を施用致して居りました。尚、果樹園、畑等に生育雑
草中の「スギナ」と言う草に対し、最近水田の除草に使用されて
居る新薬剤二四Dを使用して効果がありましょうか


"先ず、頭を変えるべきである。   (「害虫と薬剤」S25・4・10)



     「消毒薬で不作」

  "私は本年二十五町歩馬鈴薯を栽培致し、農会の指導に依り消毒
薬「ボルドー液」を六回撒布
致しましたが、昨年の三回撒布致し
たよりも其の結果が悪く、薬害の悪いことを先生から御指導戴き
ましたが、具体的に今後如何様に致しましたらよろしいでしょう
か。御伺い申し上げます。


"肥料中毒であるから、無肥にすればよい。ボルドー液の為であ
る。           
 (「ボルドー液で不作」年代不明)










inserted by FC2 system